花宇宙 ひとつらなりの生命(いのち)


幸島百番目のサルによる自然生活だより。
by sunnyww-yo
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク集
ブログで囲もう 浜岡原発
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
♪かづら素材や製品・貝殻作品など製作即売してます。テルミー温熱刺激療法もやってま~す。電話、メールなどにて予約受け付けています.
[虹の天女プロジェクト]発信中・どうぞよろしく!
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


新しいエネルギー

日本中・・・いえ世界中で・・・地球という星の上で・・・
何かが変わろうとしています。

そして、今まさに「ひとり一人の生き方」を問われていると思います。

働き盛りに原発を作ってきた菊地さんとともに暮らし始めて16年。
その間多くの脱原発を訴えておられる素晴らしい方々にお会いしました。

にもかかわらず今回の東北関東震災を、心配していた原発震災となずけなくてはいけなくなり、火山国日本に住む一市民として、この予測ができなかった指導者のもとで、日本丸の漕ぎ手である自分自身を恨めしく感じています。

しかしTVから流れる悲惨な状況に巻き込まれるのでなく、今ここで出来ることを考えたいと思います。

私たちは、地球という星に住む住人であり、地球と言う星の許容量の中で生かされています。

地球はガイア、つまり一つの生命体であるという考え方ですが、私はその考えを受け入れています。

私たちの身体がそうであるように、身体にとって不愉快なものは外に出そうとする仕組みがありますし、そのおかげで解毒できたり毎日が快適に生活出来ています。

地球にもこの仕組みが働いているとしたら・・・(地震は地球のくしゃみです!!)
地球にとって解毒しなければいけない汚れ(毒)の元とは・・・?

私は生きとし生けるものの息と関係があるのでは・・・と思っています。
この星にある生命が、美しく輝けるだけの許容量を持っていると信じています。

それなのに「分かち合えない豊かな人」のために「今を生きられない貧しい人」がいます。
戦火の下で息をひそめて生きている多くの命がいます。

震災後の避難所で、避難民同士の助け合いや分かち合いが始まったと美談のように
報道されていますが・・・それはそれで素敵ですが・・・

普段から「分かち合い」の精神で生きていたら・・・
今傍にいる関係を大切にして毎日を過ごせたら・・・

何かを手に入れたり、遠くに行かなくっても幸せは身近にある・・・

自然の力に感謝し、見えない空気(風)によって生かされていることを感じていたら。
 
命と引き換えに「おいしい原発の誘致」なんて罠にはまらずに過ごせたかも・・・
「風」を感じる身体


子供の時から自然に親しんで暮らすこと・・・それは五感を磨くことにつながります。
見えないものを感じることを「観る」と言います。

聞いてみる  味見してみる  触ってみる  匂ってみる
すべて観るなんですね。

空気は空を吹きわたる風。

福島で起きている原発震災は、日本中の空から地球上の空に放射能を撒き散らすことになりました。
生きとし生けるものはこの空気によってつながり生かされています。

この空気の振動が乱れるのは、人間の欲で地球が苦しい時。
いつ終わるかもしれないはかない命を楽しむことこそ、地球浄化のエネルギー。

寒い避難所で身を寄せ合う姿が、日常の生活の知恵の中にあれば・・・
そこで育つ子供たちは元気に育ちます、現に私もそうして育ちました(戦後)(^^)

みんなで仲良く過ごす時間を大切にすること。
それが地球環境に優しい生き方につながると思っています。

新しいエネルギーとは、人間が価値観転換をし、スローライフを実践すること。

さぁ~~
私も五右衛門風呂の焚きつけと夕げの支度にかかるとしましょう。
[PR]

by sunnyww-yo | 2011-03-20 07:32 | こころとからだ

100番目のサル現象に・・・

毎日テレビから流れる映像に国民が揺れています。

特に子育てをしている最中のお母さんたちにとっては
大変不安な状態がつづいています。

この時大切だと思うことは、落ち着いて自分の置かれている現状をまず
正しく判断し、これ以上惨事を広げない努力をすること。

大きく深呼吸し息を整えて、まず自分や大切な人が今ここにいてくれる
ことに感謝をし、日常の生活がいかに大切な時間(財産)であるかを感じる。


親が揺れると子どもはもっと大きく揺れ、具合が悪くなります。
しっかりと何があっても、私たちが守ってあげるからね!と
強く抱きしめながら話してあげるのがいいと思います。

また放射能の影響は免疫系を弱めると言われていますので、
免疫を高めるため、身体が温まる食事と愛ある空間に存在することです。

そして、天災である地震や津波とはちがい原発事故は人災です。
人災は人の力で再発の防止ができます。

是非、自分が住む地域の電力会社の営業所あてに、
原発震災を再発させないために稼働中の
原発を止めて下さいという依頼のファックスを各自で送って
下さい。


本社ではなく営業所に送ることで、原発サイトから遠い電力会社の社員の意識を変え、
電力会社や政治家を動かす民意としてつながっていくと思います。

各自が個人レベルで行動を起こす(FAX)を送ることは、自分や
大切な人を護る権利の主張です。

少し勇気がいるかもしれませんが、現場作業員の被ばく作業も含め、
何かが起きた時、状況を判断し、誰かを責めるのではなく
再発防止のための平和的な行動を
起こすことこそ大切なのではないでしょうか?


ご一緒にFAXを営業所あてに送ることに参加して下さい。

あなたの行動が日本中の原発を止め再発防止につながる
100番目のサル現象を起こします。
宜しくお願いします。

[PR]

by sunnyww-yo | 2011-03-18 11:45 | Diary

今思うこと。

3月11日、この日を境に日本が変わった。
東北地方で1000年に一度と言われる地震や津波による
最も恐れていた原発震災が起こってしまった。

この地震や津波は天災ですが、そのことにより起きた
福島原発における事故は人災です。

火山国日本では当然この惨事は予測でき、2003年には
東海地震が過ぎるまで浜岡原発を止めておいてください
と静岡県を舞台に「笑う富士さんフェステイバル」を開催しました。

この天災に見える地震や津波でさえ、実は私たちが日常生活で吐く
息(呼吸)の質で起きることが変わってくると考えている人たちによって
開催されたヌチドウたから(命こそ宝)と言うお祭りでした。

その時も、お祭りの準備をする一人一人が自分の吐く息の調整から
かかわってつながっていく人たちの息との調整・・・

何事も平和的手段によって息を合わせる
このことを何より大切にしたお祭りでした。

そしてそのことを実行する(可能にする)努力が私に
与えられ、実行委員長と言う大役を受けることになりました

それまでPTAの役員くらいしか経験のない私が、
宮崎県から静岡県に菊地さんと出かけて行って、全国から仲間が集まり
ヌチドウ宝は世界中の母性の想いでつながる熱い集いになりました。

一か月の富士山を舞台にしたキャンプ生活での祈り、あれから8年・・・
事態は毎日テレビから流れる、想像を絶する悲惨な状況になっています。

今一度、この胸に迫る重く悲しい現実を受け止め学びにし、
私は、生かされている今を大切に感謝する生き方をすることで、
亡くなった方々の冥福を祈ることにしようと新たに決意しました。

菊地さんも、被災地福島に住むお兄さんのとりあえずの生存確認が取れ
一安心していますが、なにぶんにも原発とは目と鼻の先ほどの小高町に
住んでおられ、今は原発からの避難を強いられておられる状況なので案じています。

被災された方々が皆揃って口にされる言葉が
愛する人と再会し命があるだけで良かった

まさしく辛い実体験を通じ、ヌチドウ宝を思い出させる深い言葉です。
このような事態を受けとめ、与えられた寿の命(寿命)を全うすること。

生老病死人が生きていく上で避けて通れない現実の中で、
希望の光を見つけて、許された時間を楽しく生きること。

それが私たち人間に与えられた使命であると私は思っています。
またそれを生きられる環境が地球という母なる星にあり、
ここが私たち生きとし生けるものの舞台となっているのです。

この地球という星は太陽や月と大きくかかわり、
見守られながら宇宙に浮かぶ時間の船なのです。


色や形があり、時間とともに変化し変容を可能にしてくれ、
また過去や未来につながるタイムマシーンでもあるのです(^^)。


そのため、この地球上では存在しているものすべてがつながり、
生活を楽しみ幸せを感じ送れるように準備されています。

もしそれが現実にないなら、それを阻害しているものの正体を正しく知り、
その幸せを創っていく能力が人間に与えられています。

しかし、3000年もの長い戦争体験が、私たちの能力(脳の力)を
封じ込め(自動制御装置)そのことが私たちの命を守る殻になっていたのです。

しかし今、私たちは福島原発による核の脅威と
65年前の世界で唯一の被爆体験を生かす時が
遅まきながらですが来たのではないでしょうか・・・

オーストラリアの森に生息するバンクシアのように・・・

バンクシアとは・・・
普段は何事もないかのように静かにしていて、殻がはじけることもないと
言われている一風変わった植物ですが・・・

何かのはずみで自然発火し山火事が起こり森林(大地)が被害を受けた時こそ、
このバンクシアが出番出番を迎えます。

森林(大地)がすっかり焼けてしまったその焼跡で、
バンクシアの硬い殻がはじけて種が飛び出し、やがて芽を出します。
そして燃え尽きた森(大地)に代わって新しい森が再生していくのだそうです。

バンクシアの硬い殻の表面は螺旋が刻み込まれているそうです。
また螺旋は、新しいものを生み出し進化していく宇宙エネルギーの象徴でもあり

今私たちは、被災地の人々のエネルギーを人類進化のエネルギーにしていく時であり、
また私やあなたがそう決心することで実現に向けスイッチが入ったことになります。

そして人が長くて暗い戦いのトンネルから抜け出す力になるのです。
あなたが・・・私が・・・今ここで・・・

笑顔と対話で世界の平和を実現すると決めるだけで動きだすので。


あなたが愛する人たちと寿命の限り平和な世界を願うなら、いまここで
あなたのエネルギーのすべてが平和実現に向かって流れ出し、

そのエネルギーがつながって、そのエネルギー量はふくれあがり
爆発ではなく静かに愛の力によって変容していくチャンスです。

核暴走を起こす現場で危険な被ばく覚悟の作業をしている人や、
事実を隠し記者会見している辛い役割の人たちにも愛を送り、
この地獄絵巻さながらの舞台を早く終え、笑顔の花が咲く舞台にしましょう。

バンクシアのように・・・私のすべての時間を・・・

世界中で愛に気づかせてくれる素晴らしい仲間にささげます。
[PR]

by sunnyww-yo | 2011-03-15 05:25 | こころとからだ