花宇宙 ひとつらなりの生命(いのち)


幸島百番目のサルによる自然生活だより。
by sunnyww-yo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク集
ブログで囲もう 浜岡原発
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
♪かづら素材や製品・貝殻作品など製作即売してます。テルミー温熱刺激療法もやってま~す。電話、メールなどにて予約受け付けています.
[虹の天女プロジェクト]発信中・どうぞよろしく!
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


サクラ満開の旅

ただいま!!
昨日、列車にゆられ、日豊線沿線の花見の旅をしながら、
広島から6時間の列車プラス90分の車でのドライブを経て、市木に戻りました。

「花冷え」というのでしょうか・・「・寒い」と思わず言いたくなる気候です。
兵庫、奈良、京都、大阪、岡山、広島と各地で今回も素敵な出会いをいただきました。

「世界は確実に動いている」と実感しながら、その時代の地球にいられることに感謝です。
身体の中から戦いを無くした「真の平和手を宿す人びと」がになる時がきました。

その手はもちろん「あなたの手」です(^^V
さぁ~、ご一緒に輪になりましょう♪♪

その輪の中で子ども達が、安心して夢中になって遊んでくれることをイメージしながら。
d0007830_2375594.jpg

[PR]

by sunnyww-yo | 2009-03-29 23:09 | Diary

大雨と風

昨日は一日強い風と雨。
ハッピーの散歩に行ってくださるKさんは、上下雨カッパに長ぐつ姿。

今朝まで残っていた風が、やっと収まってきた。
今日は空路で関西に行く予定なので、この風が収まって一安心。

これから二週間は、市木の海風を離れ、丹波の山風や都会の風を吸うことに・・・

一昨日、以前から作りたかった苔球(こけだま)の製作をしてみた。
材料になるコケや苗木など、あっちこっちに行く度に集めていたもの。

d0007830_8543972.jpg
(ツバキ、リョウウノヒゲ、ショウジョウバカマ、斑入りヤブコウジ)
d0007830_85457100.jpg
(中央のはなはショウジョウバカマ)(
d0007830_8551388.jpg

[PR]

by sunnyww-yo | 2009-03-14 09:01 | Diary

コスタリカの風

朱民さんのブログから
谷川俊太郎作

生きているということ
いま生きているということ
それはのどがかわくということ
木漏れ日がまぶしいということ
ふっと或るメロディを思い出すということ
くしゃみをすること
あなたと手をつなぐこと

生きているということ
いま生きているということ
それはミニスカート
それはプラネタリウム
それはヨハン・シュトラウス
それはピカソ
それはアルプス
すべての美しいものに出会うということ
そして
かくされた悪を注意深くこばむこと

生きているということ
いま生きているということ
泣けるということ
笑えるということ
怒れるということ
自由ということ

生きているということ
いま生きているということ
いま遠くで犬が吠えるということ
いま地球が廻っているということ
いまどこかで産声があがるということ
いまどこかで兵士が傷つくということ
いまぶらんこがゆれているということ
いまいまがすぎてゆくこと

生きているということ
いま生きてるということ
鳥ははばたくということ
海はとどろくということ
かたつむりははうということ
人は愛するということ
あなたの手のぬくみ
いのちということ


Relevo de la manana(レレボ デ ラ マニャナ:朝のリレー)

カムチャッカの若者が
きりんの夢を見ているとき
メキシコの娘は
朝もやの中でバスを待っている
ニューヨークの少女が
ほほえみながら寝がえりをうつとき
ローマの少年は
柱頭を染める朝陽にウインクする
この地球では
いつもどこかで朝がはじまっている

ぼくらは朝をリレーするのだ
経度から経度へと
そうしていわば交替で地球を守る
眠る前のひととき耳をすますと
どこか遠くで目覚まし時計のベルが鳴ってる
それはあなたの送った朝を
誰かがしっかりと受けとめた証拠なのだ 

*   *   * 

今朱民さんは、コスタリカに海外青年協力隊員として参加中。
そんな朱民さんの紹介で、また新しい出会いが一つ。

持っているものを差し上げ、必要なものをいただく。
エネルギーの交換で、それぞれが元気になればいい・・・。
d0007830_1522369.jpg


            
[PR]

by sunnyww-yo | 2009-03-13 15:25 | Diary

時間どろぼう

40歳を過ぎた頃に出会った一冊の本。
それは私の人生を変えたミヒャエル エンデの「モモ」でした。

「時間どろぼうとモモ」との戦い。
子どもの頃から、外遊びが好きで、絵本もマンガも興味がなく育った私。

その本「モモ」は当時の私が、探していたものを教えてくれた
バイブルのような一冊。

3人の子どもの母として「健やかな成長を見守る」ことに
不安を覚えていた頃の出会い。

読み進めていくうち、吸い込まれるように自分自身が本の中に入り、
「時間どろぼう」の正体を見た。

・・・それは・・・私・・・母・・・大人・・・社会・・・というふうに続く、
価値観の連鎖の中で起こる行動。

「時間どろぼう」は誰かの時間を、葉巻にして吸う事で
生きながらえるエネルギーを得る、自分自身の時間を生み出せないし、蓄えもない。

自分自身の時間、それも「今という時間」を吸い取られていく構図。
その仕組みをつくり、流されている大人たちへの警鐘と、「愛」の概念の再考。

読みながら、時間どろぼうに取られた分の時間を、
子どもたちから取り上げている悲しい現実。
「生きる」こと・・・「生き方」の目的を家族で話し合う必要があると思った。

野山を走りまわって大きくなった私と、都会の中でエリート的に育った子どもの父親とは、
言葉は同じでも、イメージする世界がかみ合わなかった。

伝えようと思っても、私自身に、相手に通じるだけの表現力が足りない。
苦しい話し合いは約2年間続き、2オクターブの溝を感じるようになり、苦しみ出した彼。

「世間並み」以上の豊かな暮らしの中での話し合い、「何が不満なのか?」・・・
「不満なのではない・・・」しあわせだから気づいた「時間の概念」。

見えない時間「時間=愛=お金」を話し合うのは、
当時の私にはできない相談。
しかし、このまま気づかずに社会の波に翻弄され、苦しむのは未来の子どもたち。

早く目を覚ませ!!大人たち・・・「教育の目的を考えて!」とメッセージ役をかって
生まれて来る子どもたち・・・だけど・・・
最近の日本では、その子供たちさえ生まれる数が減ってきた。

ますますつのる未来への不安・・・「年金」、「各種保険」「投資」・・・すべて「お金=愛」。
「モモはみんなの話をゆっくり聞いた」そんなモモが周りを平和で幸せな時間に誘った。

そんなモモが大人になったら、きっと時間を気にせず「子どもたちの話を聞いただろうなぁ」
「絵本もゆっくり読んであげるでしょう」と
自分自身がしてあげられなかった、子どもたちとの関わり方を、思い起こし反省。

その「時間」を取り戻すために生き直しをした私の旅はつづく・・・
生命の花を咲かせ、その香りや色、そして果実が実り、種を残すまで。
[PR]

by sunnyww-yo | 2009-03-13 09:35 | こころとからだ

自然の恵み

久しぶりのお日様に誘われて、朝の散歩にでました。
目的地はクレソンがはえてるところまでです(^^)

我家の前の国道は海沿いを走っていて、片方は山なので、
雨が多い今年は、山水が国道にまで流れてきているところが
数箇所あります。

そんなきれいな水の豊富なところにはクレソンが繁茂しています。
車で走りながら見つけていたポイントまで、今朝は歩いていってきました。

途中の田んぼでは、早期水稲の田植え始まってます。
(早朝より機械植えの隙間に、手で苗を植える農家の方)
d0007830_10145997.jpg
d0007830_10151945.jpg
(朝日の中のクレソン)
d0007830_10142784.jpg

摘むときも水気たっぷりのクレソンは、ポキッ、ポキッと音をたてて折れてくれました。
そんな新鮮なクレソンを、早速朝食に茹でて、すりゴマとポンズをかけていただきました。

やわらかくて、春の優しい味がとても美味しくいただけました。
雨の多い時には、多い時に合う植生のものが育つのですね。

我家の畑も春が来ています(^^)
(今年丹波から移植したコゴミ)
d0007830_10154014.jpg
(食べないうちに花を咲かせた白菜)
d0007830_1016069.jpg
(美味しく食べた残りのブロッコリー)
d0007830_10162149.jpg

[PR]

by sunnyww-yo | 2009-03-10 10:10 | Diary

時は金なり

年を取ると。朝めが覚めるのが早くなるといわれますが、
私は、子どもの頃から、目覚めはバツグンにいい人間です(^^)

だって・・・明け方になると、その日やっておきたいことやそのアイデアが
身体の中から湧いてきて、寝ていられないのです。

そして、お布団の中で、その構想を楽しんでいると、
胃腸も動き出し、お布団を離れることに・・・

そんな目覚めは今も続いていて、今朝も「タイム イズ マネー」という
テーマでブログを更新したいと、起き出してきたのです。

パソコンを触る前に、薪ストーブと五右衛門風呂に火をつけておきます。
このシーズン、五右衛門風呂には北海道から来ておられるKさんが、
朝風呂を楽しみにしておられることもあって、毎日火を入れます。

そうでない時は、私の身体に聴いて、身体の中で「アイデアの発酵を促す」
必要があるときに、朝風呂に入ることが多いです(^^)

そうすると、身体の中から、パンが発酵して膨らむように、
やりたいことに対するイメージが湧き上がってきて、
身体はにエンジンがかかり動きだします。

ここのところ「経済恐慌」だとテレビなどでは騒いでいますが、もう15年近くも
経済優先路線からドロップアウトした生活にはほとんど影響なく、
ガソリンが値下がりした今は、毎日快適に過ごしています。

こんな生き方を「スローライフ」と言って世間では雑誌に載れば「素敵・・!!」
ともてはやされますが、さて自分がその生活に入れるかと言うと、
「理想と現実の差」を感じる方も多く、実践すると変人の部類に入ります(^^)

とは、私にとって財産そのものであり、それをどう使うかは、
目覚めたその日の天気によっても変わってきますが、健やかな生活を
送り続けるために、その時を読むことはとても大切なことです。

そんな時の使い方が、生活の質を作り出し、その繰り返しの積み重ねが、
人生となって歴史を残して行きます。

生きざまが老いざまをつくり、老いざまが死にざまをつくる
そろそろ死にざまを意識した、生活を実践する歳になってきました。
d0007830_23112225.jpg
d0007830_23114253.jpg

[PR]

by sunnyww-yo | 2009-03-08 07:26 | こころとからだ

おひなさま

3月3日 桃の節句

菊地さんが製作したランプを、串間市の吉松邸のおひなさままつりに合わせ、
展示させてもらっていて、3日がおひなさまであることは知っていたんだけど・・・

我家におひなさまがやってくるとは思ってませんでした(^^)
夕方Uさんからメールが入り、夕食後に伺いますとのこと・・・?

食事が終わったころ、「2人でおひなさま祝っても楽しくないから・・」と
Mちゃん手づくりのおひなさまやひなあられ、白酒、桜餅まで持参で来てくれました。
d0007830_6571597.jpg

d0007830_731383.jpg
d0007830_731185.jpg
d0007830_731321.jpg
それからMちゃんのお雛様のおどりまで見せてもらって、
常日頃、無粋な大人ばかりの空間が久しぶりに、和みました(^^)

3月末には、市木を離れるUさん親子ですが、Mちゃんの成長も健やかで、
4月にはぴかぴかの一年生です。
[PR]

by sunnyww-yo | 2009-03-04 07:03 | Diary

素敵な詩

最近のmixiにとても素敵な詩が掲載されていたので紹介します。
とても長い詩なのでコピーしょうと思ったのですが、読み返す意味で打ち込みます。

オーリア マウンテン ドリーマーさんの詩
カナダのトロント在住のオーリアさんが1994年に書かれたものだそうです。
翻訳いろいろあるそうですが・・・今回はこれで・・・

the invitaision (ただ、それだけ)

あなたが何で生計をたてているか?
そんなことは、私にとってどうでもいいことです。

それよりも私が本当に知りたいことは、あなたが何に心をふるわせ、
心から憧れていること、あなたの夢に向かって、勇気を出しながら
人生を突き進めていることができているかどうか?ということです。

あなたが何歳か?
そんなことは、私にとって、どうでもいいことです。

それよりも私が本当に知りたいことは、あなたが愛のため、
夢のため、自分らしく生きるという人生最大の旅路のために、
たとえまわりから、変な目で見られるようなことがあっても、
自分を信じてやっていけるだけの覚悟をもっているかどうか?
ということです。

あなたの星の運勢がどんな巡り合わせになっているか?
そんなことは、私にとって、どうでもいいことです。

それよりも私が本当に知りたいことは、あなたがこれまでに
深い悲しみに触れた経験があるかどうか?ということです。

たとえ人生の裏切りのようなことに、あった時でさえも、
あなたは、自分の心を開き、その経験から何かを学ぼうとしていますか?
それとも、さらに傷つくのを恐れ、心をしぼませ、閉ざしてしまっていますか?
あなたの姿勢はどちらでしょうか?

私が本当に知りたいことは、あなたが、あなた自身の痛みであれ、
周りの人の痛みであれ、その痛みそのものを隠したり、ごまかそうとしたり、
変につくろうとしたりせずに、その痛みにそっと耐えることが
できているか、どうかです。

私が本当に知りたいことは、その歓びがあなたのものであろうと、
私のものであろうと、あなたが、まわりの目を気にしたり、現実的になろうと
かしこまったり、私には限界があるといった考えを頭で考えたりしないで、
ワイルドに踊りまくって、あなたの指先、爪先、全身のいたるところまで、
エクスタシーという快感を満たすことができているかどうかということです。

あなたが語る話が、本当かどうか?
そんなこと、私にとってどうでもいいことです。

それよりも私が本当に知りたいことは、たとえまわりの人を
がっかりさせてしまったとしても、あなたが、あなた自身の心に
忠実でいられるかどうかです。

それによって、たとえまわりから裏切り者と非難されても、
あなたが、あなた自身の魂を裏切らずにいられるかということです。
あなたが、信頼にあたいする人であるがために、時には同時にまわりから
不誠実だと思われる選択をすることもあるのです。

私が本当に知りたいことは、たとえ毎日の暮らしの様子が
あなたの理想の美しさから、かけ離れているような場合さえも、
あなたの心の瞳で、これまで見えていなかった美しさを、
感じることができているかどうかということです。

そして、あなたの瞳が見いだしたその美しさとともに、
あなたの人生をクリエイトし続けているかということです。

私が本当に知りたいことは、あなたの失敗であろうとも、
私の失敗であろうとも、あなたがあるがままに起こったことを受け入れ、
なおかつ湖のほとりに力強く立ち、銀色の満月に向かって、
「これでいい」と叫べるかどうかということです。

あなたがどこに住み、どれほどお金を持っているか?
そんなこと、私にとって、どうでもいいことです。

私が、本当に知りたいことは、あなたがたとえ苦悩や絶望に打ちひしがれ、
人生にうんざりし、骨の芯まで傷つくような夜を明かした後でも
次の朝が来れば、また立ち上がり、子供たちを養うために
その日なすべきことを、やれるかどうかということです。

あなたが、誰を知っているか、ここまでどうやって生きてきたか?
そんなことは、私にとって、どうでもいいことです。

私が本当に知りたいことは、あなたが恐怖にひるむことなく
私と一緒に、炎の真っ只中に立ってくれるかどうかということです。

あなたがどこで、何を、誰と学んだのか?
そんなことは、私にとってどうでもいいことです。

私が本当に知りたいことは、あなた以外のものが
すべて無くなったとしても、あなたの内側から、
あなたを支えるものは何かということです。

あなたが、ひとりきりでいられるかどうか
自分自身と向き合うことができているかどうかです。
心がむなしく感じる時でも、無条件で自分自身を受け容れることが
できているかどうかということです。


             *    *    *


この詩を読んで、オーリアさんに会ってみたいと思っています。
私もちっぽけな命ですが、夢に向かって、一歩一歩、歩みを進めたいと
改めて強く思っています。

こんな感情は依然、エリザベス キューブラ ロスさんの「人生は廻る輪のように」を
読んで以来のような気がします。
とても素敵な詩に出会えたこと、嬉しくおすそわけのつもりでアップしました。
(春を迎えた富士山・・2003年)
d0007830_12284877.jpg

[PR]

by sunnyww-yo | 2009-03-01 12:30 | こころとからだ