花宇宙 ひとつらなりの生命(いのち)


幸島百番目のサルによる自然生活だより。
by sunnyww-yo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク集
ブログで囲もう 浜岡原発
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
♪かづら素材や製品・貝殻作品など製作即売してます。テルミー温熱刺激療法もやってま~す。電話、メールなどにて予約受け付けています.
[虹の天女プロジェクト]発信中・どうぞよろしく!
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧


地熱発電

日本はもっと地熱発電を 「全電力賄えるかも」

これは、アメリカの環境学者であるレスター・ブラウン氏の提案です。
2008年6月23日付けの東京新聞「暮らし」の欄に掲載されました。

最近の原油の高騰によりNHKなどでも再三取り上げられるエネルギー問題。
そこで言われるのが「エネルギー小国日本」

これこそ真っ赤なうそ!!

原油高、CO2削減対策が・・・原発を作るという話に当然の事のように
作られたシナリオ。

1982年をピークに2003年以降は日本の地熱技術開発費はゼロ。
その理由として、地熱資源(熱水層)の8割は、開発の難しい国立公園内にあり、
加えて温泉所有の観光業者から強い反対で、開発が頓挫してきたというのが現実。

一方、CO2の削減運動の高まり、原油高などから米国、インドネシア、
フィリピン、アイスランドなどが地熱発電開発を加速。

地熱資源に恵まれていないドイツ、オーストラリアも本腰を入れ始めた。
「世界の主要地熱資源国で停滞しているのは日本だけ」と記事はつづく。

またこのような記事の中には、必ず日本政府を代表するような否定的な意見が
掲載されているのは残念です なげかわしい!!

日本はエネルギーのない国だという洗脳から、エネルギー大国であると言う事実を
認識して欲しい、嬉しい記事なので紹介します。
d0007830_23324679.jpg

****文章 ここから*****
日本はもっと地熱発電を 米国の環境学者 レスター・ブラウン氏提言
2008年6月23日

 日本のエネルギー自給率は10%未満。原油高騰が続くなか、国産のエネルギー資源開発が求められている。世界的な環境学者レスター・ブラウン氏は「火山が多い日本は世界有数の地熱資源大国。もっと地熱発電を活用するべきだ」と提言する。

地熱発電はCO2排出量も少ないクリーンなエネルギーだ。 (草間俊介)

 「日本は地熱発電で国内電力の半分、もしかして、全部を賄えるかもしれない」

 今月上旬、米アースポリシー研究所長でもあるブラウン氏が上智大主催、環境文化創造研究所協力の講演でこう強調すると=写真、会場から驚きの声が上がった。

 地熱発電は、地熱で発生した蒸気でタービンを回して、電気エネルギーを取り出す仕組み。

 日本では現在、九州、東北地方を中心に十八カ所の地熱発電所がある。
最大は大分県の八丁原発電所で十一万キロワット(発電認可出力)で、十八カ所の年間総発電量(設備容量)は約五十四万キロワット。

原発一基のほぼ半分で、全国の年間発電量(同)の0・2%にあたる。この数字は一九九六年からほぼ変わっていない。

 ブラウン氏の提言の背景に、地熱発電に対する日本の消極的な姿勢がある。日本の地熱技術開発費は一九八二年をピークに減少を続け、二〇〇三年以降はゼロ。

 日本が開発から事実上撤退した理由として、地熱資源(熱水層)の八割は、開発が難しい国立公園内に存在することがある。加えて温泉所有の観光業者からの強い反対で、開発が頓挫してきた経緯もある。

 一方、CO2削減運動の高まり、原油高などから米国、インドネシア、フィリピン、アイスランドなどが地熱発電開発を加速。地熱資源に恵まれていないドイツ、オーストラリアも本腰を入れ始めた。

「世界の主要地熱資源国で停滞しているのは日本だけ」(産業技術総合研究所=茨城県つくば市)という。地熱発電のCO2排出量は火力発電の約二十分の一。

風に依存する風力、天気に左右される太陽光、雨量の季節変動が大きい水力などの自然エネルギーと比べても、安定的な供給が可能なことから地熱発電が評価を高めている。

◇ブラウン氏のいう「全電力を地熱で」は可能なのか。

 同研究所の地熱資源研究グループ長の村岡洋文さんらの研究では、
(1)現在の地熱技術で、日本で開発可能なエネルギー量は年間2347万キロワット。全電力の8・6%を賄える

(2)さらに深部の地熱資源を利用できる技術開発で、22・7%に上がる

(3)「どんなに早くても開発に五十年はかかるが」(村岡さん)マグマ熱を直接使えるようになると、全国電力需要の三倍近くを賄える-という。

 ただし「すべて開発できたとして」との前提による推計。膨大な研究開発費を要することから、実現できるかどうか分からない。

 一方、地域電力として活用する方法も模索されている。村岡さんらはベンチャー企業の協力で、五三度以上の捨てられている温泉水や工場排水を使うミニ発電施設を研究している。

 ちょっとした温泉宿泊施設の電力が賄える五十キロワットの発電が可能になる。
早く試作機をつくり、三千万円程度で販売したい。すでに各地の温泉から引き合いが来ている」という。

 ブラウン氏の提言について、村岡さんは「日本のエネルギー自給率は低く、純国産の再生可能なエネルギー資源の開発が必要だ。風力、太陽光などに加え、地熱も進めたほうがよい。その意味で、ブラウン氏の主張は、正鵠(せいこく)を得ている」と話す。
****ここまで*****(東京新聞Webサイトより引用)***

このコーナーを書き終えTVのスイッチを入れると、草津温泉と嬬恋村の地熱バトルが
モーニングショウで報道されていたが、発電方法の説明が旧態然とした熱水溜まりを
利用する方法に囚われていて、地熱の利用に水をさすようで残念です。

現状の地熱資源研究費ゼロを、核エネルギー関連の予算をまわせば、
安全で有意義な地熱の利用に期待が持てると思うのですが・・・
[PR]

by sunnyww-yo | 2008-06-27 08:01 | 菊地のひとりごと

京都展示会にむけて

今年の西利さんでは写真ではなく、手作り創作品での展示なので、
菊地の作品作りに拍車がかかってます(^^)
d0007830_12553646.jpg
その一部を紹介してみます(キャンドルスタンドと小物入れ)
d0007830_22493985.jpg

(この小さな小鳥の羽は桜貝でできています)
d0007830_2251777.jpg
d0007830_2250334.jpg
d0007830_2253293.jpg

d0007830_11393451.jpg

[PR]

by sunnyww-yo | 2008-06-23 22:53 | 貝殻遊び

ツバメがカラスに

わ~い、飛べたよ~~そういいながら2日ほど前から
我家の屋根の上を飛び廻っていたツバメさんたちが
今日は旅立ちをしたようです。

5月の初めに2羽のツバメが巣づくりを始め、あれから約50日。
親子7羽で大空へ・・・

(夫婦巣つくり)
d0007830_1711826.jpg
(大きく育った5羽のヒナ)
d0007830_1715271.jpg
(カラになった巣)
d0007830_1721181.jpg

[PR]

by sunnyww-yo | 2008-06-21 17:03 | Diary

終わりにしましょう。

友人から紹介されてテレジンの小さな画家たち野村路子著を
ネットで購入し、一気に読んでしまいました。
d0007830_10242029.jpg
(第2次世界大戦時にナチスの収容所で子ども達が残した絵4000枚からのメッセージ)

21世になっても拡大される戦争、戦争では何も解決しません。
もう戦争は終わりにしましょう、非対立非暴力による解決の道を探しましょう。
ご一緒に!!

自分がしたりされたりした暴力的な扱い(時間)を赦すことが許すにつながる。
自分に与えられた許容量を自覚し、生かされている喜びと感謝の生活を送ることで、

人間の生命(いのち)は、もっともっときれいに生きられるはず・・・
多くの生物たちの生き方に学ぶ時間を大切にしたいです。
[PR]

by sunnyww-yo | 2008-06-17 10:44 | こころとからだ

梅雨なのだぁ~

連日の大雨注意報も今日は解除になり、
朝からお日様がうっすらニコニコ。

6時過ぎに起き、ハッピーの散歩を終え、早めに洗濯をしてから朝食。(買ったばかりの長ぐつをはいて)
d0007830_1055240.jpg
(オクラの収穫をする農家の人、実りが少ないらしい)
d0007830_1064742.jpg
(雨の中で咲くハイビスカス)
d0007830_1074100.jpg

[PR]

by sunnyww-yo | 2008-06-17 10:09 | Diary

しあわせの詩

午前6時前に目が覚めてそのまま朝風呂に直行しました。
昨夜、睡魔に襲われ、お風呂をパスしていたからです(^^)

追い炊きをしなくても昨夜の残り湯で入れるところがさすが五右衛門風呂です。
いい湯だな~~とここち良い湯船につかっていると、窓の外から小鳥や虫達のさえずり・・・
ウグイスはじめ数え切れない生物の賛歌が聞こえてきます。

朝のすがすがしい冷気の中で、今を歌っています
なんて素敵で贅沢な朝の始まりでしょう・・・

数日前、東京で朝を向かえた時、ジャズのかかる大きなホテルでの朝食を
いただきながらでは味わえなかった、しあわせの詩の中です

やはり私はこの環境、田舎が好きです、今日はまた天気が下り坂になっていくの
でしょう、海なりが大きくなって来ています。

音は、人間初め生命体が健やかに生きていくのに、大きく影響をおよぼしています。
そんな自然な生活空間でできた、我家の野菜たちです。(初どれのトマト、キュウリも)
d0007830_6345070.jpg

[PR]

by sunnyww-yo | 2008-06-14 06:35 | Diary

ツバメさん

我家で大きくなったツバメさんをご覧下さい。
d0007830_11323850.jpg

こんなに大きくなっても、親ツバメからの餌をおねだりしています。
親ツバメは最低4羽はいる子ツバメに、一回に一匹一個づつの餌を
何回も何回も運んでいます。
[PR]

by sunnyww-yo | 2008-06-13 11:36 | Diary

ソロプチミスト立川にて講演会

6月10日、午後1時30分より、東京都立川市女性センターアイムにて、
菊地の講演会命は本当に輝いているをさせていただきました。

主催は国際ソロプチミスト立川環境部会の方々でした。
会場はお話を聞きに来てくださった会員の方や、呼びかけに応じての
女性の参加者が多い講演会でした。(開場前の参加者)
d0007830_1281545.jpg
(Yさんも忙しい中来てくださいました。)
d0007830_1284353.jpg


約2時間の講演は、「なぜ今原発震災・・・」などの話をするのかなど、
菊地さんの人生を熱く語る会となり、参加者の中には

ハンカチで目頭を押さえながら聞いて下さっている姿もあり、これまでの
原発の技術的な話が主であった講演内容とは少し違った話でした。

まず、事実を知ることの大切さ、知ってどう行動に移したかなど、彼の人生を
通じて体験してきたことを、とつとつと話す彼の姿は輝いていました。

また、その日の夕方6時から、立川グランドホテルにて立川望星講座にも
呼んでいただき、お話をさせていただきました。(100番目のサル現象を期待して・・・)
d0007830_12265828.jpg

[PR]

by sunnyww-yo | 2008-06-12 12:38 | Diary

講演会

明日午後からと夜に、東京の立川にて講演会を依頼され上京です。
d0007830_823391.jpg

この冊子を作ってくださった方々とお目にかかれるのが楽しみです。

9~11日までの予定で出発です。
[PR]

by sunnyww-yo | 2008-06-09 08:14 | 菊地のひとりごと

絶好調に

ひゃ~パソコンがフリーズ・・・

どうしよう・・・そうだパソコン仮面を呼ぼう!!・・・
そうです、久住へこして行かれたSさんに・・・SOS・・・

雨の中バイクでパソコン仮面は帰ってきてくれ、
PCを掃除や洗濯?すっかり元気にしてくれました。

その上、7月に京都で行なう展示会の案内状まで
甘えて製作してもらいました(ニコニコ)。

パソコンは私たちの能力を知っていて、フリーズしたのかなぁ~~?
それにしても、Sさんが近くにいてくれたら・・・
そう言わずにPCの学習しなくっちゃ・・・ねっ・・・。
d0007830_749953.jpg

仕事を終えて戻って行く、パソコン仮面の雄姿
d0007830_9434399.jpg

[PR]

by sunnyww-yo | 2008-06-06 07:21 | Diary