花宇宙 ひとつらなりの生命(いのち)


幸島百番目のサルによる自然生活だより。
by sunnyww-yo
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク集
ブログで囲もう 浜岡原発
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
♪かづら素材や製品・貝殻作品など製作即売してます。テルミー温熱刺激療法もやってま~す。電話、メールなどにて予約受け付けています.
[虹の天女プロジェクト]発信中・どうぞよろしく!
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧


もくせい

 
 もくせいのにおいが
 庭いっぱい。

 表の風が、
 御門のところで、
 はいろか、やめよか、
 相談してた。


 (金子みすず 童謡集より)
[PR]

by sunnyww-yo | 2006-11-09 07:23 | こころとからだ

やさしい気もち

 
 波

 波は子供、
 手つないで、笑って
 そろって来るよ。

 波は消しゴム、
 砂の上の文字を、
 みんな消してゆくよ。

 波は兵士、沖から寄せて、一ぺんに、
 どどんと鉄砲うつよ。

 波は忘れんぼ、
 きれいなきれいな貝がらを、
 砂の上においてくよ。


 (金子みすず 童謡集より)
[PR]

by sunnyww-yo | 2006-11-08 12:47 | こころとからだ

 洗濯機の音を聞きながら、洗濯物を干していた、
 
 突然地鳴りのような、風の音。

 手を止め、辺りを見上げたら、風にゆれる木々の群れ、

 久しぶりだね、お帰りなさい、と手を振ってくれているよう、
 
 おもわず、私も、ありがとう、

 洗濯日和の、はじまりの出会い。

 

 

 
[PR]

by sunnyww-yo | 2006-11-07 10:17 | Diary

金子みすずさん

 海とかもめ

 海は青いとおもってた、
 かもめは白いと思ってた。

 だのに、今見る、この海も、
 かもめの翅も、ねずみ色。

 みな知ってるとおもってた、
 だけどそれはうそでした。

 空は青いとしってます、
 雪は白いと知ってます。

 みんな見てます、知ってます、
 けれどそれもうそかしら。


 (金子みすづ 童謡集 より)

 本当に私も自分の目で、見ている(観ている)かしら・・・
[PR]

by sunnyww-yo | 2006-11-07 09:23 | こころとからだ

ただいま~

やっと帰りました。
11月4日きれいな満月に迎えられて、飛騨高山までの旅が終わりました。
10月7日に始まった今回の旅も、思わぬ?出会いなどなど、楽しい時間でした。

ご協力くださった方、ありがとうございました。
おいおいに、写真いり報告をさせていただきます。

これからはよりゆっくりして、地に足の付いた生活を心がけようと思います。
さて、今日はたまっている支払いなどを済ませ、キス釣りでもしようかな~♪

 たのしみは 旅の途中の 宝くじ はずれ券にて  鶴おるとき
 このようにたまに旅先で買う宝くじですが・・・とほほ・・・(^^)
[PR]

by sunnyww-yo | 2006-11-06 12:10 | Diary

仙崎にて

たのしみは 青海島に みすず館 いのちつながる 時空を越えて
[PR]

by sunnyww-yo | 2006-11-03 13:10 | Diary

たのしみは

たのしみは なき砂ふみて 浜歩き くたびれ知らず キス釣りの人
[PR]

by sunnyww-yo | 2006-11-01 12:35 | Diary

出雲大社

たのしみは 夕日が沈む 日本海 朝の目覚めは 出雲大社
d0007830_10402623.jpg

d0007830_10412771.jpg

[PR]

by sunnyww-yo | 2006-11-01 08:19 | Diary

世界平和

 たのしみは なき父しのび 胸痛く 硫黄の島の 映画みるとき

 旅の途中、島根県の邑智郡日貫町、大元神楽を観せていただきました。
d0007830_1136916.jpg
d0007830_1135346.jpg
 
d0007830_11352591.jpg


 神楽が始まる時間まで、始めてお会いしたのもかかわらず、宮崎にも
 共通の知人がいたりして、心温まるおもてなしを受けました。
 
 そのときの宿舎を提供していただいた、山田さんの家の床の間に
 太平洋戦争の時硫黄島で戦い、亡くなったお父さんのことを詠まれた歌が
 かかっていて、話題はその硫黄島での戦いの話になって行きました。
 そのとき紹介していただいた本

 「散るぞ 悲しき」  (大宅壮一ノンフィクション賞受賞作)
                     梯 久美子(かけはし くみこ)著
                     新潮社 ¥1500

 そしてタイムリーにもクリント・イーストウッド監督によって製作された

 アメリカ側からと日本側からこの戦いをえがいた、2部作の
  [父親たちの 星条旗」(アメリカ側)を観る機会に恵まれました。

 見終えた時は身体中が重く、しばらくは食事ものどを通らず、父たちの時代を
 少しだけ体験し、この戦争をもかいくぐり、つないでくれた命、
 やはり戦争だけは起こしてはならないと強く感じました。

 またこの日本側版は、12月10日前後に封切られる予定とか・・・
 このチャンスに「憲法9条」を持つ日本国民である私たちが、

 選択する「戦わないで平和への道を希求する多くの仲間」の輪が
 拡がることを祈っています。

 
[PR]

by sunnyww-yo | 2006-11-01 07:59 | Diary