花宇宙 ひとつらなりの生命(いのち)


幸島百番目のサルによる自然生活だより。
by sunnyww-yo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク集
ブログで囲もう 浜岡原発
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
♪かづら素材や製品・貝殻作品など製作即売してます。テルミー温熱刺激療法もやってま~す。電話、メールなどにて予約受け付けています.
[虹の天女プロジェクト]発信中・どうぞよろしく!
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧


6月も終わりに

 6月(水無月)も今日でおしまい、この数字のを漢字で表現すると
 6=陸と書き、ロクでなし、貫禄、禄高などの言葉が表すように、ロクとは結構意味が
 深いな~と感ずることがあります。

 今年も6月を向かえた時、今年の6月は私にとって、何が実るのかな~とふと思いました。
 その6月の最後の日を迎えて、言葉には表せない充実感とまったく逆の感じもしています。

 私の生き方そのものが「世界平和」に通ずると信じ、毎日毎瞬に楽しみを見つける生き方。
 今生かされていることへの感謝、その感謝のエネルギーを次の行いのエネルギーとする。

 この繰り替えしの中で、小さい生命の持つ大きさも実感し、また宇宙の大きさをも感じる。
 私ごときが、たったこんなちっぽけな生命が宇宙に影響するだなんて・・・

 笑われるかもしれないけど、身体を小宇宙として感じ生きている私にとっては真剣。
 私の出発点は一つの受精卵、その細胞が分裂を繰り返し、たくさんのコピーされた
 細胞集団が私、その出発点の記憶は地球の誕生にまでさかのぼるかも?

 現在では成人だと65兆~70兆で構成されていると言われて、年々その数が増えています。
 その数と世界の人口の増加を相似性で感じて見ると・・・

 案外私一人が・・・とは言えない仕組みがあるのではと夢を膨らませています。
 そしてこの人口も逆に100年前では、15億人だったと記憶しています。

 つまりこの世で起きていることを、ジグソウパズルのピース数に置き換えてみますと
 100年前だと15ピース、それが現在では70ピースに増え、現象面でややこしくみえます
が,私はこれらの起きている地下水は同じでは無いかと思っています。

 そのまた基本が自分自身(単細胞)にあると思っていますので、この健やかさだけは
 健全に守りたいと思っています。

 その健やかな波動が周りの細胞(他の生命)に心地良くつながることを願っています。
 そんな「良かった探し」をしながら今日も過ごしたいと思います(^^)
d0007830_108945.jpg

(菊地洋一の花宇宙より)

 

 

 


 
 
 
[PR]

by sunnyww-yo | 2006-06-30 10:07 | Diary

シンクロニシティ

 良く聞くことばシンクロニシティ、こうしたい、あーしたいと考えていると、
 突然来た便りにそのことに関する情報が掲載されていることなどがあります。

 そんな私にグッドタイミングな機関紙として、奈良市大倭町にある大倭紫陽花邑からの
 通信「おおやまと」があります。

 故矢追日聖氏を法主とする宗教法人が発行されている通信で、6月号の見出しは
 「天地自然に相通ずる心」・・・、51歳の時の法主さまが語られているもので、
 最近地震情報などが気になっていただけに、いいタイミングでのシンクロです。
 
 (天災の起こる原因 ) (信仰をすれば災難はこないのか)(自分自身の能力の
 限界を知る)(迷信を主体とした宗教を否定する)(大倭で言う神様とは)(誰もが

 神様に帰依している)(大いなる天地自然の心で)などというような項目での講話が
 記事になっています。

 社会の人みんなが幸せになるようにという意味での一つの共同社会を目指して、
 大倭紫陽花邑には、大倭教の信者は0人、賽銭箱さえ一つもおいてありません。

 相互扶助の精神の元に、お年寄りから障害を持った方々がより安心して暮らせるような
 施設が数多くあり、邑の中を散歩すると、会う方がたが以前からの 顔見知りかと思うくらい
 
 自然に受け入れていただき、毎回お邪魔するたび居心地の良い空間でとても大好きな
 場所です。

 興味のある方は 大倭出版局 URL http://www.ohyamato.jp をどうぞ。 
 
[PR]

by sunnyww-yo | 2006-06-27 12:57 | Diary

平和宣言

 生命いのち)の種の花を楽しく咲かせる、健やかな身体になりました。
 と宣言し、毎日を送る。

 自分のイメージしたように65兆~70兆といわれる細胞さんたちは動きを始める。
 自分の生き方が世界の平和に繋がることをイメージしながら・・・

 すると私たちが花を咲かせるのに必要な材料や情報が、世界中から集まり始める。
 いちど種が芽をだすと、もう戻る事は無い。

 それぞれの木(気)に成るため、日夜そのための出会いの準備に入る。
 全体を感じる気を持ち、自分を大切に生きる時間の使い方。

 そんな我がままを手にいれれれれば、人の我がままも赦して、待てるようになる。
 待ち時間には、自分の一部でもあるきれいな自然でも眺めながら、
 美味しいお茶しましょう(^^)
d0007830_14481615.jpg

 

 
 
[PR]

by sunnyww-yo | 2006-06-24 14:47 | こころとからだ

幸せ

 朝7時過ぎから、我が家のハッピーと友人からの預かり犬パオ(めす)の
 散歩で90分位浜辺を歩いて家に戻り、朝食のパンとコーヒーをいただくと

 カミナリがなって雨が降り始めた、心地良い眠気に誘われるまま、お布団にごろり。
 久しぶりに一鷲さんのCDなどかけながらの贅沢な時間となった。

 その内CDの音も夢の中に消え、保育園時代の次男が夢に登場、昼食とお昼ねを
 家族一緒にして、午後の園に送っていく時、「ぎゆっと抱いて」と彼に

 せがまれ、ぎゆっと抱きしめると、「拡がる~~」と嬉しいそうに声に出し笑っている
 次男のぬくもりと声で目が覚めた、夢か・・と想ったけど嬉しく幸せな夢だった。
d0007830_14334342.jpg

[PR]

by sunnyww-yo | 2006-06-24 14:32 | Diary

静かな日が戻る

 家の裏口を入ったところの土間がハッピーの住まい、素敵な一戸建て住宅を
 洋さんから作ってもらいながら、どうも私たちと一緒の空間がいいらしい(^^)

 そんなハッピーの頭の上が5月~6月にかけて、とても騒々しかった。
 と言うのも、4羽のツバメの赤ちゃんが、蛍光灯の上に作られた巣の中で、

 育っていたのです、朝早くからドアを開けろとピーピーと鳴くし、容赦なくフンは
 落とすはで、少々迷惑気味、でもそのツバメも16日の夕方、気がつくと巣はからっぽ。

 外を見たけどもうその辺にはツバメの姿はなく、元気な旅たちを向かえたようです。
 おかげで、上から落ちてくるフンを食べにくる赤~いカニも気にせず、

 大きく寝転ぶハッピー、なんだか軒を貸して母屋を取られた感ありだったけど
 母屋を取り戻して、一安心・・・

 蛍光灯の上に残されたツバメの巣だけが、祭りの後の静けさをかもし出している。
 それにしても、親ツバメのかいがいしいこと、せっせ、せっせと運ぶ餌の回数、

 カウントするといったいどれくらいなんだろう・・・とフンの始末をしながら、トンボの
 屍骸も一緒に片付けた、我が家のハッピータイム。
 

 
[PR]

by sunnyww-yo | 2006-06-18 10:10 | 愛犬ハッピー

肥えをかける

 と言う字をよく見てください。
 草冠に楽しむとかきます。

 楽をするのではなく、自然に楽しむのですね、それが一番の薬になる。
 つまりいやなことをやり続けるより、自分が好きなことをやる。

 他人からすると信じられら無いようなことも、好きだから努力を続けられる。
 人から見るとストレスになることも、好きな人にとっては、快感(^^)
 その刺激が脳波を変化させ、クリエイティブな発想につながり

 また好きなことを続けられる喜びが、感謝になり、[ありがたい」と声になる。
 その心身からため息がもれるような喜びの声が、身体の栄養になる。

 これこそが、身体への声かけ作業(肥えかけ)、この音で身体のバッテリーは充電される。
 こんなことが日常の中で行われていれば、ほとんど病気しらず・・・♪

 お蔭様でありがたいと感じることを見つけ、肥えかけの材料にする癖
 これは場所もお金もかからない、素敵なクオリティ オブ ライフの実現につながる秘策。
 


 
 
[PR]

by sunnyww-yo | 2006-06-17 09:19 | こころとからだ

眠り姫

 広島市でのセッション(その1)

 Sさん(女性) 40才台 エステシャン 
 
 顔立ちや全体から感じる雰囲気は、つっぱった感じの、おしゃれな中年女性。
 彼女の仕事柄、全身のケアーは行き届いている感じを受けながら、まず足から

 そこで驚いたことに、足の裏が・・・まるであの広島の焼け跡を、素足で大切な人でも
 探しあるいたかの様な、他の身体の場所とは不つり合いな足の裏の表情。

 あ~、この人の中にも、あの日何が起きたかも分からないまま肉体を離れていった
 霊が眠っているのを感じる。

 本人にも足の裏の表情について2~3質問をしてから、「今夜でこの足ともお別れ
 ですよ」と告げると、半信半疑のまま身体を預けてくださった。

 それは、まだあどけなさを残す表情の彼女とのお別れでもあるが、何を言われているか
 理解できない彼女と、セッション終了時を予測できる私の楽しみの始まりでもありました。

 温熱により身体全体を刺激し、心地良くリラックスしていただくところまで、約90分。
 その後、イメージ誘導にて、宇宙への旅に出発。

 4~5歳の少女の戻り、懐かしい家をたづね、蝶や小鳥になり、豪華客船に乗り込み
 少女からカクテルドレスの似合う女性に変身し、素敵なカップルに会い、ダンスを楽しみ

 ダンスに興じて夜が更ける頃には、彼と二人だけで、大海原から上る月を眺め、
 静かに彼の肩に頭を持たれると、なんと彼は月そのものとなり、すべてをゆだねる。

 その彼女の安心しきった静かな息に、宇宙は語りかけます。
 「幸せかい・・・」 と 「その幸せはどこにあるのか?」 と・・・

 彼女は自分の内にすべてが揃っていることを実感し、それを知った喜びの涙が
 ほほをつたう。

 その間約30~40分、宇宙への旅は終わり、年相応の落ち着きを持った彼女は
 もう焼け跡を走り廻った足の裏はなく、内側から輝きを放つ素敵なレディーに変身。

 そんなセッションが終わったのが、午後10時過ぎた頃、このあとさすが広島です、
 お好み村に出かけ、素敵な時間の御礼にと、お好み焼きとチュウハイをご馳走に。

 この夜、起きたことは、たとえば、花が水切れでしおれていたら、花の好きな人なら
 水を与るでしょう。
 
 その花が自分で水を吸い、花全体に行き渡らせ、元気になるのを待つでしょう(^^)
 あれと一緒なんです、でも人は心の乾きを訴えていることが多く、それが体表に

 現れると私は考えていて、それに対して適切な刺激を届けるようにしています。
 こんな話がどんどん続きます、お楽しみに。

 広島のすずめ三兄弟、どうしているかな~。





 




 

 
[PR]

by sunnyww-yo | 2006-06-13 09:37 | こころとからだ

訪問ありがとうございます。

 留守にしていて旅先から、携帯で発信と思いきや・・・
 とてもそんな時間はなく、5月19日から6月6日まで、スケジュールいっぱいの
 旅でした。

 あまりにも内容が濃く、少しずつ報告の形で紹介していきたいと思っていますが
 留守中、ブログの交信が出来ない間も訪問くださった方々に、感謝しています。
 ありがとうございました。

 旅の途中で広島市を訪問しました、平和公園まで自転車で、走りましたが、
 広島の空気は澄み、生きとしいけるものが輝き素敵な空間に変わっていました。

 そんな公園の一角にあるモニュメントの前で、精霊たちと話をした場所があり
 ある約束をしていたので、訊ねて見るとそこには彼らはいなくて、ここよ・・

 という方角を観ると、そこには色鮮やかなバラやつつじの花が咲いていました。
 そう、彼らはもう転生し美しく輝いていたのです。

 川がよどみなく流れ、空気が澄みわたっている訳がわかりました(^^)
 こんな調子の旅ですから、言葉を選びながらブログにUPして行きますね。
 お付き合いください。
 
[PR]

by sunnyww-yo | 2006-06-12 10:23 | Diary