花宇宙 ひとつらなりの生命(いのち)


幸島百番目のサルによる自然生活だより。
by sunnyww-yo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク集
ブログで囲もう 浜岡原発
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
♪かづら素材や製品・貝殻作品など製作即売してます。テルミー温熱刺激療法もやってま~す。電話、メールなどにて予約受け付けています.
[虹の天女プロジェクト]発信中・どうぞよろしく!
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


Re>Excite Blogからのお知らせ

今日から携帯での書き込みです〓
19日から東京始め県外に出かけます〓沢山の出会いに期待が高まります
[PR]

by sunnyww-yo | 2006-05-18 10:20 | Diary

知っている身体

 私たちが何をしに、この水の惑星地球に来たのか? 

 誰でも知りたい、知りたい・・・
 そんな難問を、身体は知っています。

 静かに身体の声を聴く時間を持ちましょう♪
 一日の生活が終わり就寝前に、複式j呼吸を3~4回、その後

 私が、この地球に来た意味が分かりました、ありがとうございます。
 と唱えて休みます。

 そんな習慣を楽しんでいると、無意識界の記憶が呼び起こされます。
 こんな遊びで、ご自分の役割を思い出して見てはいかが・・・(^^)
 

 
[PR]

by sunnyww-yo | 2006-05-16 16:18 | こころとからだ

勘違い

 TVのアンテナが立っていても、障害物があると、TVの写りが悪いことがあります。
 これと同じように、人間にも天と繋がるアンテナがあると思うのですが、
 この上に雲がかかると、ノイズの原因になります。

 自称ノーテンキと言っている私などは、子どもさん同然でその日の天気で気分が変わる。
 その日の気分でその日の予定がきまる(笑)こともしょっちゅうです(笑)。

 こんなの気分屋など、現在社会ではあまり通用しないかも知れませんね。
 そのため私たちは自然いっぱいの田舎暮らしを選んで、楽しんでいますが(^^)

 携帯電話をお持ちなら、ビルのなかまで電波が届くようにしてないと
 かかりません、これと同じ現象が人間の身体にも起こります。

 どんな時かといいますと、たとえば夢中になって遊んでいる子どもは
 宇宙と繋がって、とても気分よく瞑想状態の中でいます。

 ところがこれを家にいて心配症の母親が、子どものことを愛するあまり、
 大丈夫かしら・・大丈夫かしら・・・と心配派動を送り続けることがあります。

 これが天と子どもの間に雲をかける原因になり、子どもというTV画面の映像を
 乱すようなことになります。

 そのため、子どもはいざという時の判断を誤りやすく、母親の心配どうり
 怪我や事故などに巻きこまれ易くなることがあります。

 これは子どもを想う母のエネルギーが強く、子ども本来の電波をひきつける
 力を上まわってしまうからですし、想いがなるという波動の法則でもあります。

 このように心配することが、大切な人に愛情をかけているというつもりの行動が
 実は大きな迷惑行為で、一瞬の判断(直感)ミスに繋がることも多々あるようです。

 このように愛情をかけるとは、心配をすることであるかのように
 勘違いしていませんか?

 そのため、プラス思考法が何より大切になってきます。
 つまり、無事帰ってくるという、イメージを持ち待つことですね(^^) 


 


 

 

 

 
[PR]

by sunnyww-yo | 2006-05-15 08:06 | こころとからだ

虹色の華

 [百番目のサル現象]の芋洗いを最初に発見された島・・・幸島

 その幸島を前にして、浜辺にて朝日に向かい感謝の祈りをした、愛犬ハッピーと共に。
 なんと穏やかで静かな海・・・そして静かな時間が流れる・・・ありがと~う(^^)

 この浜は、歴史学者原田常冶氏の「古代日本正史」に、浦島太郎伝説の浜に
 あたるのではないかと書かれていたのを読んだことがある。

 10年位前だったが、面白い見方の本だと感じたことを、思いだした。

 最近我が家を訊ねてくる方々の中には、気が病んでおれれるな~と感じる人がいる。
 花が好きな人が、この鉢植えの花、水や肥料または日照が足りないな~と感じるように。

 そんな方々は、何がしかの体調の不良を抱えておられるか、家族や身近な関係の中に
 心配ごとの種を持っておれれることが多い。

 その方々の話を聞くと、まるで自分の感情を置き去りにしたような人生。
 まじめで善良な生き方をされてきた人に多いが、車ならバッテリー切れ寸前の状態。

 浦島太郎さんが、竜宮城から持ち帰った玉手箱を開けた時、一緒に煙に巻かれ、
 まるで魔法にかかってしまったかのように、社会の価値観にのみ、気を取られながら
 生きてきた方々。

 長年医者にかかりながら、症状は改善されないばかりか、処方される薬の数が
 増える一方とか・・・困ったことである。

 しかしこんな時こそ、私は人も植物も、基本的には同じ地球上の生き物だと言うことを思い
 出せばいいのに・・と思うことがある。

 花なら・・・ここでどうする、水をやるか、肥料を与えるか、日照時間を調節するか・・・
 植木鉢なら鉢の大きさは適当かどうか・・・
 
 このことを人に置き換えた時、水は人間関係や環境の水に関する項目、肥料は
 事実を知る、知恵を学ぶなど、日照は人間関係や環境の温度などではないかな~~
 
 温度とは、季節を感じる環境やそれを感じる生活、それに伴う日常のコミニュケーション
 など、その人を包む雰囲気を言うのでは・・・と思っています。

 そして何より大切なのが、内側から芽を出そうとする力を信じ、待つという作業♪
 自分自身の中から、芽をだし、双葉、本葉が伸び、個性が現れてくるのを味わいながら・・。

 白い花は自我の花、それからその命の色が豊かに育ち、赤、橙、黄色、緑、青、藍、紫。
 虹色の素敵な艶のある花、それがいのちの花の色。

 私はすべての人を愛で満たせる母になり、仲間を増やし、そんないのちを育てよう。
 地球上が愛の華でいっぱいになることを夢みながら、 な~んて今朝は思っちゃいました。


  

 

 
 

 
 
[PR]

by sunnyww-yo | 2006-05-09 09:56 | こころとからだ

やさしさ

 一人の女性が目に涙をため、鬼のような過去の自分を振り返った。
 かわいいはずの子どもがかわいがれない・・・

 泣き叫ぶ子どもに、どう対応してよいのか・・・つい手が出る。
 いけない!こんなことをしては・・・いけない!!!

 分かりながら、手が、身体が止まらない・・・
 どうしようもない、つらい日々であった・・・と話せる友があり、今がある。

 そんな醜い過去の自分を、やさしさを手にした彼女自身が赦せる日がきた。
 彼女自身の命の種に、愛が届いた日(^^)彼女は変わり始めた。

 まず自分自身に優しくなり、身体が変わり、言葉がかわり、周りが変わっていく
 時間に追われているような・・・そんなあせりが無くなった。

 時間が、みかんの花の香りをのせて流れる5月の風と共に流れるようになった・・・
 彼女は言う・・・しあわせ・・・しあわせ・・・今ここにあると・・・

 そう語る彼女の瞳は、生まれでた赤子のような美しさがあり、少し不安だが、
 喜びに満ち、苦しみを抜け出た、さわやかで力強い輝きがあった。

 時間を共にする私も、彼女の幸せに酔い、素敵な時間が流れた・・・♪
d0007830_7066.jpg
 
 

 

 

 
[PR]

by sunnyww-yo | 2006-05-08 06:58 | こころとからだ

子どもの日を前に

 明日5月5日はこどもの日
 世界中の生まれてきた命が、平和の中ではぐくまれて行く事を願う。

 空高く泳ぐこいのぼりは、健やかや成長を願ってのもの・・・
 しかし、近年イベントの人集めや、PRの種にされているものも・・・

 生まれきた命が、健やかに育ち、その命の種の花を咲かせたとき
 それはそれは、美しい、内側から輝く、艶のある華。
 大人と子ども・・・どちらが大人・・・
 
[PR]

by sunnyww-yo | 2006-05-04 07:39 | Diary

いのちの種を・・

 「いのちの種を育てるかい」
 こんな呼びかけの集まりに誰か応えてくれるかなぁ~
 なんて思いながら、今朝は目が覚めた。

 毎日の日課の犬の散歩で、近くの浜辺に行き、嬉しくなって声だしをした。
 あ~い~う~え~お~

 そういえば2003年富士山のお祭りは、 愛植え緒祭 だったことを思い出した。
 今、ここでそんな命が孵化するお手伝いをしている自分がいる。
 なんと幸せなことか・・・

 そしてもう一つ、白糸の滝で声をだした時 明石ましょう神のいしを だったことも。
 今、私がかかわる人の 命の花が咲く季節に 入ったことを実感できる日々(^^)

 自分の命の種を育てる楽しみ、ご一緒にどうですか?
 咲きますよ、素敵な花が・・・ルンルン♪
[PR]

by sunnyww-yo | 2006-05-01 08:42 | こころとからだ