花宇宙 ひとつらなりの生命(いのち)


幸島百番目のサルによる自然生活だより。
by sunnyww-yo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク集
ブログで囲もう 浜岡原発
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
♪かづら素材や製品・貝殻作品など製作即売してます。テルミー温熱刺激療法もやってま~す。電話、メールなどにて予約受け付けています.
[虹の天女プロジェクト]発信中・どうぞよろしく!
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

咲いていました・阿蘇久住

昨年から予定を立てていた阿蘇久住への、ふきのとう狩りの小旅行。
関西から戻って日曜日一日我家で過ごし、所用を済ませ、月、火、水の2泊3日で
行ってきました。

家を出るときから、海沿いの道か?山の道か?どちらのコースで行くのかを
身体に聴いて出発・・・結果、山中の道で行くことに。

先ず、家を出るときから山まわり、飫肥のおいしいパンやさんで、お土産のパンを買い、
コーヒーとパンをご馳走になって、いい気分で北上開始。
d0007830_14445151.jpg
d0007830_1445326.jpg


久住へは海沿いに220号線から10号線に乗って北上、日向、延岡を過ぎ、
北川から大分県の三重町を目指すのが最も早道で、約6時間のコース。

ところが今回は山のコース、飫肥、北郷、高岡、西都、米良、椎葉、阿蘇、久住への
山の中をくねくねと走るコース。
d0007830_14471855.jpg


あちこちのサクラを楽しみながらのドライブではあったものの、全工程10時間ほど。
朝の9時に家を出て、気の向くままに寄り道をしていたら、久住に着いたのが
すっかり日も暮れ19時を過ぎていました。

その日は、Sさんの知り合いご夫婦に夕食に招待していただいて、
美味しく楽しい時間をすごし、温泉に案内していただいてSさん宅にて、
寅さんの日南版を見せていただき(^^)オヤスミ・・・zzz・・・。

2日目は、本番のふきのとうを採取予定で目覚め、3人で美味しいパンを持って、
昨夜お世話になったkさん宅に押しかけ朝ごはんをいただきに・・・
急な申し出にも快く、おいしいコーヒやサラダを用意してくださって、いただきました。
d0007830_1449145.jpg


今回の旅の目的にもう一つ、2003年の富士山、05年阿蘇、06幸島、広島、位山を
経て、09年奈良、西米良、久住への流れをつなぐことも目的の一つ。

「生命(いのち)の花を咲かせましょう」と呼びかけて、出会いを楽しんできた私達。
「囚われていた時間を解放する」儀式(遊びですが)と呪文をとく音を発信。
d0007830_1433317.jpg


久住の山に「愛植え緒」・・・あ~い~う~え~お~・・・と気持ちよく声を出しました。
時間も思ったより過ぎるのが早く、もう一泊することに予定変更(二泊三日)

ふきのとうは昨年から目をつけていた場所に行き、結構いいものをゲット(^^v
昼食はお豆腐を材料にしてるお店へ。
混んでいて少し待ちましたが、期待の味にありつけしあわせ!!

食べ終わって、駐車場から隣家を見ると、数人の(^-^)若者が薪わり最中。
思わず興味が湧いて声をかけてビックリ!!

「菊地さんですか?」と相手から名前を呼ばれて・・・???

僕は「笑う富士山フェステイバル」の時、富士山で約一ヶ月テント張ってました(^^)
「お世話になって、会ってお礼が言いたいと思ってました」と・・・
なんと2003年、富士山での花がここに咲いていたのです。
d0007830_14532499.jpg


嬉しいやら、懐かしいやらでお邪魔して、話の花がさきました。
「富士山」でつながったご縁を大切にして、仲間を増やしながら人生を楽しんでいる
若者たちに出会え、大きくなったわが子を見るようで嬉しかったです。

そのあと、一心行の桜を見に行きました。
遠くからの景色もなかなかでしたが、近くで見る桜の大木のエネルギーは
圧倒されるようでしたが、包まれている偉大な優しさでもありました。
d0007830_14352888.jpg

今年はこのエネルギーをもって、4月は山口県の光市での「アースデー・瀬戸内」に参加。

私達の人生の「結」の幕光の時代に入ったことを受け、
6月北海道から下って、8月9日長崎の平和の祭典に参加する旅を予定しています。

もちろん今のところ、資金の目当てはなく、気もちの上での準備期間中(^^v
ご縁のあるかた宜しく!!
[PR]

by sunnyww-yo | 2009-04-05 14:45 | 神ながらの旅
<< 花さかじじばばの里? サクラ満開の旅 >>