花宇宙 ひとつらなりの生命(いのち)


幸島百番目のサルによる自然生活だより。
by sunnyww-yo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク集
ブログで囲もう 浜岡原発
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
♪かづら素材や製品・貝殻作品など製作即売してます。テルミー温熱刺激療法もやってま~す。電話、メールなどにて予約受け付けています.
[虹の天女プロジェクト]発信中・どうぞよろしく!
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

旅を終えて

いや~久しぶりに自分のブログを開いてみました。
留守中更新のない時も皆さんが覗いて下さっていることに感謝です。

私のような我がままな生き方をしていますと、
温かく見守られるていることはとても励みになります。
ありがとうございます。

さて今年に入って最初の旅は広島を皮切りに、岡山、広島
福岡経由の楽しい旅になりました。

広島ではオーガナイザーの順子さん宅で相変わらず素敵な方々との出会いを
させていただきました。

そんな中でも還暦を迎えらたWさんですが、太平洋をヨットで横断などという
夢を実現されたつわものもおられ、大変楽しいセッションとなりました。

また突然の空き時間には、エリザベートシンガーズによるパイプオルガンと
コーラスのつどいに招待され、急遽コンサートの観客になったりしました。

私は音に関しても音痴なところがあり、この日も出演者の身振りなどを楽しみ、
その後目をつぶって音を聴いて楽しんでいたところ、ビジョンがあらわれ、
そのビジョンを楽しみながらの時間となりました(^^)

その流れで昨年順子さんと始めてあった、三次の西光寺さんに節分におまいりしました。
東京からの友人を伴って、モモちゃんも一緒に行き、雪景色の中を走る、楽しいドライヴと
なりました。

途中昼食には、美味しい手打そばやさんに連れて行っていただき、お店の方との
話しや、お雛様遊びなど子どもにかえってのたのしい時間でした。

そうそう、美味しいそばを食べた後、近くのスサノオ神社でカゴメカゴメをして
遊びました。

そののりで西光寺さんでも、和尚さんに鬼のお面をつけていただき、
節分の豆まきをさせていただきました(^^v
その場にいた者だけが知る、面白い一夜になりました。

岡山へは、このお正月に、「軽自動車のハコバンが欲しい」と友人に話したところ、
早速その友人がハコバンをもらってくれたので、

これまで広島の常田さんから借りていた、軽乗用車を返しに行き
それをいただきにいきました。
d0007830_14291487.jpg
(二年近く私の足として活躍してくれた、ビビオちゃんとお別れの旅に出る日の朝)

頂いた車はまるで天からのプレゼントですよと言わんばかりに、
プレゼンターのお名前が星川さんでした(^^)

また電話で車種など聞いていましたので想像はしていましたが、実物をみて
この車に私自身を合わせるのは、少し努力がいると感じる?可愛い車でした(笑)
d0007830_14294826.jpg
d0007830_14301349.jpg


こんな流れのなかで、いつもその場に立つと私自身の感性から来るビジョンがあり、
それを楽しみながら、次の進路を決めていることもたびたびなので、旅と読んでいます。

広島に立ち寄り一泊させていただいて、福岡での出会いに向け、新しく私の足になって
くれた、スバルのクラッシックちゃん(コアラ号)でのドライブを

それはまるでモモ太郎さんが鬼退治をしないで、鬼さんと仲良く遊んだのでお土産の
金銀財宝ではなく、これからはいくらでも中身を創りだせる、
魔法の乗り物をいただいたような気分で、体のむくままに走ってみました。

それは現在私が生きている空間から自由自在に想像の旅に出られる乗り物の
ような気がして、走っていても嬉しくてたまりませんでした(^^)

博多では石橋さんのお宅に一泊、育子さん宅で一泊、その次の日9日の土曜日に、
大宰府天満宮に参拝させていただきました。

ウメの花や香りと、橘の花のようについた黄色の実の美しさに、
時間を忘れ楽しませていただきました。

その後「梅の花」という美味しいお豆腐料理のお店で、春を満喫させていただきました。
案内してくださった育子さんと堀さんにも感謝で~す。

またセッションのために準備くださった方々、会場を貸してくださった方々に、今後の
ご縁も含めヨロシクお願いします。
[PR]

by sunnyww-yo | 2008-02-13 11:02 | こころとからだ
<< 幸せ色の華 無償の愛 >>