花宇宙 ひとつらなりの生命(いのち)


幸島百番目のサルによる自然生活だより。
by sunnyww-yo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク集
ブログで囲もう 浜岡原発
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
♪かづら素材や製品・貝殻作品など製作即売してます。テルミー温熱刺激療法もやってま~す。電話、メールなどにて予約受け付けています.
[虹の天女プロジェクト]発信中・どうぞよろしく!
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

大笑い

昨夜友人の家を訪ね帰る間際に、通りかかった車の運転手に方に道を
聞かれ、案内しょうとし、どちらからこられましたかと訊ねたところ。

「海のほうから来たのですが、来る時に灯りがなく真っ暗な道を走ってきて
こわくて恐くてたまりませんでしたから、帰りはもう一つ道があると聞いたので、
そちらの道を教えていただけませんか?」とのこと

しかし、もう一つの道といわれてもな~、海からの道が恐いようでは・・・
山の中の真っ暗闇を走らなくては行かないし・・・と返答に困っていると
「あ~~やはりもっと大変そうだから、もと来た道を戻ります」とのこと。

実は僕、最近宮崎市内から転勤で日南に来たのですが、この辺は明るい時に
来ただけで、今日は夜一人で仕事なので走っ来たのですが、
「真っ暗な道路をはしれど、人家はなく、恐くて仕方なったのですが
、やっと人に会えて少し元気になりました。」と30才台の男性。

友人と二人でその方が、本当に人に会えてほっとし、恐かったと話される姿に
田舎の夜道を恐がる大人が・・・と複雑な心境になりながらも大笑いしてしまいました。

それにしても、私の住んでいるところはそんなに田舎??・
確かに星は良く見えるけれど・・・(笑)
[PR]

by sunnyww-yo | 2007-10-31 08:35 | Diary
<< 秋巡業 海岸の掃除 >>