花宇宙 ひとつらなりの生命(いのち)


幸島百番目のサルによる自然生活だより。
by sunnyww-yo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク集
ブログで囲もう 浜岡原発
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
♪かづら素材や製品・貝殻作品など製作即売してます。テルミー温熱刺激療法もやってま~す。電話、メールなどにて予約受け付けています.
[虹の天女プロジェクト]発信中・どうぞよろしく!
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

地上母神

 2003年3月19日、[笑う富士山フェステイバル」のオープニングを
 静岡県富士市の浅間神社の元宮である「人穴神宮」にて行いました。

 集まってくれた人は、鹿児島から駆けつけてくださったUさん始め
 結構忙しい方々を含め30人ほど、
 このお祭りを自分の生活に中で今必要と感じてくれた方々ばかり。
d0007830_655498.jpg
(この写真は河口湖がわの浅間神社の前で)

 神社にて京都からのDさんに祝詞を奉納していただき、人穴洞窟の中に全員で参拝。
 真っ暗な洞窟はローソクの灯りのみが頼りで、岩をしたたり落ちる水滴の音を
 聞きながら、拝所へ。

 Dさんの石笛や祝詞が洞窟に不思議な雰囲気を広げながら響く。。。
 全員でそれぞれの平和と「世界が平和になりました。」と祈っていただく。

 祈り終えて、洞窟から出てきて、さぁ~お祝いの宴を・・とお願いしておいた余興を
 出してくださるように呼びかけたら、みんなまるで産まれたての赤子のようになって
 あちこちに座り込んでしまい、とても宴が始まりそうにない。

 その中には、Aさんも一人で自分の足でしっかり歩いて出てこられた。
 Aさんは12月の頃は医者に見離された末期がんの患者さんでした。
 このお祭りによる不思議な出会いがあって、見違えるように回復の兆し。
 現在はすっかり元気を取り戻し、ご主人と仲良く暮らしておられます(^^)
 

 話を戻して、
 あせる私はIさんにその場を預けました、するとIさんは場を感じて舞い始め、
 場が動き出したのですが、突然私は手をにぎられ輪の中に引き出されてしまったのです。
d0007830_6553451.jpg


 「うぅ~うそ!!」と思いながらも、私の身体がその場を感じながら舞い始めます。
 
 それは、天に生きる竜神のエネルギーが私の身体に下りてきて母としての
 エネルギーに生まれ変わり、天から授かった子どもを育てる
、と言う
 ストーリー性のある(私の中で感じる)舞なのです。

 その日は、裏方のつもりだった私は、まったくこんな流れになることなど予想だにせず
 参加者の輪の中で舞いながら、さえない衣装でおどらせれている自分を見つめる
 もう一人の自分がいました(^^;

 それを皮切りに、宴は始まり、縄文の土器太鼓などの演奏はじめ
 にぎやかになっていくのですが・・・

 私の身体は「もう一度祠の中に戻らないと・・・」と感じ始め、[なんでやのん?」と問うと、
 「お産の後産」という答え・・・

 盛り上がってきた宴の場を離れ、Iさんに付き合ってもらって再び真っ暗な洞窟の中へ。
 中で起こったことは、長い戦いの歴史の中で、父親不在の子どもたちを、
 母親の力だけででも平和を生きるこどもたちを育て
 、生きることを楽しむように伝えることを申し渡されたのです。

 それは、説明のつかない起こってきたことを体験しながら、不思議と
 それを生きる目的にしょうと約束する私がいました。

 その日から「笑う富士山フェステイバル」のクロージングをする9月19日までの間、
 身体を通してのメセージはたびたびあり、その状況に慣れてきた私は、意義のある時間を、
 美しい日本一の霊峰富士のふもとで楽しむことができました。
d0007830_6555791.jpg
(今はもういない下村誠さんも一緒に、吉田ケンゴさん他スタッフ)

 「男性が父性を、女性が母性を」取り戻し、未来の大人を
 健やかに育てられるようになる日を夢見ながら・・・。

 そのときから、地球上の全ての人が「私の子どもだと思って行きていけたらいいなぁ~」
 それが私の生き方です。
 比嘉ハツさんが、こんな私を温かく見守っていた下さるのを感じる、沖縄の旅でした。
 
 
[PR]

by sunnyww-yo | 2007-10-17 09:23 | こころとからだ
<< 佐藤富雄さん ガマ(洞窟) >>