花宇宙 ひとつらなりの生命(いのち)


幸島百番目のサルによる自然生活だより。
by sunnyww-yo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク集
ブログで囲もう 浜岡原発
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
♪かづら素材や製品・貝殻作品など製作即売してます。テルミー温熱刺激療法もやってま~す。電話、メールなどにて予約受け付けています.
[虹の天女プロジェクト]発信中・どうぞよろしく!
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

風の丘 阿蘇

阿蘇にある、風の丘 大野勝彦美術館に、Sさんの運転と案内で母を連れて
行ってきました。

我が家に来てから、大野勝彦さんの 「やっぱ いっしょが ええなあ~」をみて、この先生に会いたいな~といいだしたので、

今年になって、股関節の手術をして、落ち込んでいた母にとって、いいかも知れないと思い
阿蘇まで出かけることにしました。

83歳になる母の体力を考えた時、阿蘇までの所要時間など、少し冒険になるけど、この機会に・・と思い切って出かけることにしました。

お天気も良くなり、宮崎市内で車椅子も借り、準備万端で出発しました。
高千穂峡などを見物しながら、阿蘇周辺の月廻り温泉に立ち寄り、根っこ岳を
借景に、母の手を引きながらでしたが、温泉を楽しみました。
d0007830_7424799.jpg


夕食に近くの田楽の館で、美味しい田楽を囲炉裏で焼きながら頂ました。
「温泉上がりの生ビールの美味しかったこと・・・ドライバーのSさんごめんなさいね!!
d0007830_7431076.jpg


宿泊は「根っこ岳山想」にて、ここでちょっぴり問題がありました。
予算の関係上大部屋にて4人で宿泊、部屋からトイレまでの距離が少々あり、
途中母にとっては難解な階段もあり、またトイレも和式で、困難そう。

それもリハビリ・・・のつもりでとは言ってみたものの、気にかかりましたが仕方なく、
なれるまでは手を引きながら・・・トイレ道中二人づれ(笑)

「夜は起こしてね」といって寝たものの、母が寝息を立てて寝ている私を気遣い一人で
行こうとしたらしく・・・ばた~んという嫌な物音で突然起こされ・・・やった~!!

部屋の出口の階段を一段、眠気眼で勘違いしたらしく・・・あいたた!!
恐る恐る・・・大丈夫かと近づくと、まぁ大丈夫らしい返事。

医者から、何分にも転ばないようにと強く言われていただけに・・・手術した辺りを触ってみる。
何とか手術箇所は難を逃れている様子に、ほっと胸をなでおろしました。

とにかく、用を済ませ、テルミーを早朝よりかけ大事にいたらなかったことを喜び、
美味しい朝食をいただき、風の丘美術館に向け出発。

10半ごろ到着した風の丘美術館の前に、車椅子の母を出迎えるかのように
大野勝彦さんが立っておられ、会いたいと想ってきた母にとっては、
神さんと対面したような感激。
d0007830_7433733.jpg


大野さんは、40歳を過ぎてから、トラクターを洗車しながら両手を巻き込まれ切断されて
義手をはめておられるのですが、、それをはずし、ひじの先10センチほどの腕を差し出され、
握手で出迎えてくださいました。

それからの時間は、母にとっても私たちにとっても良い時間になりました。
作品を拝見しながら、自分の人生に重なっているのか、母もハンカチを離せなかった
ようでした。

また講演会も聞くことができ、そのとき描かれた書もプレゼントされ、だんだん元気を
もらって行く母を見ていると、少々の無理をしても連れて来て良かったな~と感じました。
偶然とは思えない天の配慮に、いつもながら感謝の旅でした。

この「風の丘美術館」は是非ご縁を作って行かれることをお薦めしま~す。
[PR]

by sunnyww-yo | 2007-04-25 10:28 | Diary
<< ”いのち”とは 阿蘇にて >>