花宇宙 ひとつらなりの生命(いのち)


幸島百番目のサルによる自然生活だより。
by sunnyww-yo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク集
ブログで囲もう 浜岡原発
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
♪かづら素材や製品・貝殻作品など製作即売してます。テルミー温熱刺激療法もやってま~す。電話、メールなどにて予約受け付けています.
[虹の天女プロジェクト]発信中・どうぞよろしく!
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

いのちの花を咲かせる・・・2

人は究極の困難や苦しみの中から、明るい方向を見出す力が
きっと生まれてくるはずだと私は信じています。

最近以前から座右の書としている「百番目のサル」
核戦争から人類を救う百番目のサルとは?
ケン・キース・ジュニア著 ・ Yモンキー編
昭和59年3月31日  佐川出版。

この書物の訳者であるY・モンキー氏(広島出身)が、
はじめに、という書き出しで言っている文を届けます。


核兵器は良いものだと思っている人は、どこにもいません。
けれども、現に核兵器ガ存在している、という現実について
は、だれもが、どうすることも出来ないと考えています。

すると、これから先、そういう状態がいつ終わるあてもないま
ま、私たちは人を愛し、子を育てていかなければならないので
しょうか。
始まって三十分後には頭上に核ミサイルが飛んでくる、という
現実の中で、いつ消滅してもおかしくない明日を考えながら、
私たちは生きていかなければならないのでしょうか。

百番目のサル・・・アメリカで核の教科書
といわれているこの本の中には、三つの重要な事柄が書かれて
います。

第一に重要だと思われるのは、私たち日本人にはほとんど知ら
れていない核、核兵器、核戦争に関する重大な情報が、ぎっしり
詰まっている、ということです。

第二に、人類が核戦争の破滅から逃れられる唯一の方策を提示し
ていることです。
著者のケン・キース・ジュニアーは、核戦争から人類を救うのは
百番目のサルの出現だ、といいます。

それは、いっけん途方もない物に見えますが、きわめて実際的な
ものともいえます。
確かに、それ以外に人類が核の袋小路から抜け出せる方法は、
ないかもしれません。

第三は、その百番目のサル出現にむけてのメッセージ
です。この部分は、何しろは百万部のベスト・セラーを持つ著者
が、著作権を放棄し、精魂をこめて訴えようとしたところです。

・・・略

現実にアメリカは自ら核兵器を持ち、かつ、それがたった今、この
瞬間にでも発射できる状態にあります。
そういう状況の中に生活しているアメリカ人の核戦争に対する現実
感は、まがりなりにも核を持っていない日本人のそれとは、比較に
ならないほど緊迫したものでしょう。

著者が完全を期そうとし、結果、やさしさに多少欠けたとしても、
むしろ当たりまえなのかもしれません。
いずれにしろ、核戦争に、対岸の火事はありません。
これを読むと、いったい自分がどういう状態におかれているのか
、身にしみてわかります。
中には、私たちの現実感とは遠いところもありますが、なるたけ
そのまま訳出しておくことにしました。

そういう彼らの必死の思いを知ることこそ、もっと大切なことなの
かもしれない、と思ったからに他なりません。
加えて唯一の被爆国である日本人として、知っているいくつかの事
実と、百番目のサルに関連して気がついたことを、第四
章として補足させていただきました。

核兵器も核戦争も、自分の内外に敵をつくること、対立することに
よっては、決して解決しはしません。
むしろ対立によって核兵器を生んだ、というのが、まぎれもない事実
です。
それ故にこそ、百番目のサルの出現が待たれるのです。

九十九番目のサル  Yモンキー。
[PR]

by sunnyww-yo | 2012-06-21 15:04 | こころとからだ
<< 百番目のサル・ケン・キース・ジ... いのちの花を咲かせる・・・1 >>